尼崎市東園田町4丁目144-12 06-6493-0211尼崎市東園田町4丁目144-12 06-6493-0211

当院で可能な検査

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査

当院の内視鏡は苦痛が少ない鼻からの挿入が可能な細い内視鏡です。また、いろいろな光を当てて 観察し、より細かい診断が可能な機器を導入しています。 胃がんは日本人の癌死亡率でも上位を占める疾患です。人間ドックでピロリ菌感染を指摘 された方、バリウム検査で慢性胃炎を指摘された方も検査を受ける事をお勧めします。
≫ 胃内視鏡検査の詳細はこちら

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡を挿入し、大腸の粘膜に生じた病変を直接観察する検査で、下部消化管内視鏡検査とも呼ばれています。同時に生検用の組織を採取したり、ポリープ(組織が一部突出・隆起したものの総称)を切除したりすることもあります。
≫ 大腸内視鏡検査の詳細はこちら

腹部エコー検査

腹部エコー検査

体に痛みや影響を与えずに超音波(エコー)を使って体の中をみる検査です。肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓など腹部の臓器を調べることができ、脂肪肝、肝炎、胆石、膵炎、腎結石などの診断が可能です。検査時間は20分くらいです。上腹部痛などある方、血液検査で肝機能異常の指摘された方は一度ご相談ください。

頸動脈エコー検査

頸動脈エコー検査

頸動脈エコーでは、動脈硬化が原因で、動脈の血管の壁が厚くなったり狭くなっているようすを写し出すことができます。頸動脈の動脈硬化が進んでいるほど、ほかの部位の動脈硬化も進んでいると考えられます。このことから、動脈硬化が原因となる心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離などの命にかかわる病気が発症する危険度を推測することができます。

採血検査

採血検査

院内で採血をして10〜15分程度で血液検査の結果を出すことができます。血液や尿の成分(電解質・酵素・脂質・糖質・蛋白質など)を自動分析装置で測定しています。病気の状態によって変化する様々な検査項目を組み合わせる事で病気の診断・治療に役立っています。

検便検査

検便検査

便に血が混じることは、消化管のどこかから出血していることを意味します。例えば、胃炎や胃潰瘍など粘膜の表面に炎症や潰瘍ができた場合には出血します。加えて、がんの組織は非常にもろくまた血管が豊富なためちょっとしたことで出血が見られます。これらの血液を検便検査で発見し、がんの早期発見に繋げることが可能です。

心電図検査

心電図検査

心臓に関わる病気を診断する目的で行われます。体の表面につけた電極から微弱な電気信号を検出し波形を記録します。この波形の乱れ等から不整脈、狭心症、心筋梗塞、などの病気の兆候を診断します。検査には、心電図検査機器を使用します。時間は2〜3分で終わります。

レントゲン検査

レントゲン検査

胸部や腹部をはじめ、頭の先から足の先までのあらゆる部位のX線撮影を行います。X線撮影に対して放射線被ばくのことが気にかかると思われますが、撮影に関しては大変少ない線量を用いています。撮影による身体への影響はほとんどありません。ただし、妊娠中、妊娠の可能性がある方は検査の前に必ずお申し出ください。

特定健診

40歳以上の方へ

特定健診

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、医療保険者(国民健康保険・職場の医療保険等)は、平成20年度より「特定健康診査(特定健診)」と「特定保健指導」を実施しています。糖尿病等の生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的として、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、メタボリックシンドロームの該当者・予備群を発見するために行われています。
≫ 生活習慣病の詳細はこちら

▲ページトップ